お知らせ News

西表石垣国立公園で持続的な保護地域管理の在り方を考える Learn about sustainable management of protected area at Iriomote-Ishigaki National Park

2023年12月13日 11時28分
2023年11月初旬 西表島・石垣島 November 2023 at Iriomote and Ishigaki Islands
保護地域管理実習 Field practice of protected area management
担当教員:杉原 薫・庄子晶子 Lecturers K. Sugihara, A. Shoji
 
2泊3日で西表石垣国立公園エリアを訪れ、サンゴ礁~マングローブ林の自然に触れながら、行政、NPOや事業者などによるそれらの保護・保全の取組を学びました。初日は、国立公園海域地区で、かつて新空港建設問題で世界的にも注目された石垣島白保を訪れ、NPO法人夏花と白保魚湧く海保全協議会によるサンゴ礁の保護・保全とサンゴ礁文化の継承の取組を学びました。また、実際に海に入り、シュノーケリングでサンゴやサンゴ礁地形を観察しました。2日目は、国立公園第1種特別地域、国指定天然記念物、森林生態系保護地域と世界自然遺産に重複指定されている西表島仲間川で、マングローブ生態系とその保全利用協定を学びました。また、西表島の野生生物保護センターでイリオモテヤマネコをはじめとした希少生物の保護活動を、石垣島の国際サンゴ礁研究・モニタリングセンターで石西礁湖を中心としたサンゴ礁の保全・再生活動について解説を受けました。最終日は、第1種特別地域、ラムサール湿地と国指定鳥獣保護区に指定されている名蔵アンパルで、干潟・海浜の生態系を見学しながら、その上流域で建設予定のゴルフリゾート建設問題について、その影響を考察しました。
保護地域管理実習_白保サンゴ礁でのシュノーケルの様子(撮影:杉原薫)
保護地域管理実習_白保サンゴ礁でのシュノーケルの様子(撮影:杉原薫)

自然保護寄附講座公開シンポジウムを行いました

2023年12月6日 13時27分

122日に「野生生物と社会」学会第28回大会に合わせて、自然保護寄附講座と「野生生物と社会」学会の合同開催による公開シンポジウムが行われました。

講演者として、道家哲平様(国際自然保護連合日本委員会事務局長・公益財団法人日本自然保護協会)、石濱史子様(国立環境研究所主幹研究員・つくば市生物多様性地域戦略策定懇話会委員)、上條隆志先生(筑波大学生命環境系教授・つくば市生物多様性地域戦略策定懇話会座長)、千田智之様(つくば市環髙境保全課環境管理係長)の4名にご登壇いただきました。また、保全団体の活動紹介として、大塚太郎様(つくば環境フォーラム)、髙橋かよ子様(金田台の生態系を守る会)、森本信生様(宍塚の自然と歴史の会)、木下美弥様(洞峰いきものSDGsの会)にもご登壇いただきました。当日は、150名ほどの参加者がありました。


また、シンポジウムの会場受付では、自然保護寄附講座の開講科目「科学と社会のコミュニケーション」の履修生による6件のポスター発表も行われ、シンポジウム参加者との直接的なコミュニケーションを図ることができました。

様々な方が集まり、とても有意義なシンポジウムとなったと思います。

お集まりいただいた皆様、関係者の皆様、誠にありがとうございました。

DSC00525 DSC00524

DSC00395 (1) DSC00421 DSC00409

修了証授与式を行いました

2023年12月1日 10時38分

20231128日(火)に修了証授与式を執り行いました。

修了者は、Mahanayakage Chamindha Anuruddhaさん(地球科学学位プログラム)です。

自然保護寄附講座サーティフィケートプログラムの修了おめでとうございます!

DSC00390DSC00371DSC00380

【インターンシップレポート】国際自然保護連合(IUCN)日本委員会(Cai Danmeng)

2023年11月15日 08時49分

『SBSTTA25 - ナイロビの国際会議で見た未来』
(SBSTTA25 - The Future Seen at the Nairobi International Conference)

人間総合科学研究群 情報学学位プログラム Cai Danmeng

ケニアのナイロビで開催されたSBSTTA 25に参加した経験を振り返ると、感謝の気持ちと多くの考えが湧いてきます。筑波大学とIUCN-Jが提供してくれた初の国際生物多様性会議への参加機会は、言葉では表せないほど貴重なものでした。特にメンターである道家さんと宮本さんは、複雑な概念を私が理解しやすいシンプルな言葉に落とし込んで説明してくださり、大変助けになりました。他のIUCN-J参加者の安家さんと朴さんにも感謝しています。二人は自身の過去の会議経験を共有してくださり、私の緊張をほぐしてくれました。地元の案内人であるカマウさんは、ケニアのことを親切に教えてくださり、とても素晴らしい旅になりました。5日間にわたる会議では接する情報の量が多く、大変でした。しかしキーワードを調べながら、5つの記事を作成し、IUCN-Jのウェブサイトに掲載することができました。SBSTTA 25は一生に一度の機会であり、出会った方々の指導や助言のおかげで非常に充実したものとなりました。様々なバックグラウンドを持つ人々との交流を通じて、私のデータ分析とプログラミングのバックグラウンドが生物多様性と自然の保護にどのように貢献できるかを考えることができました。これからの新しい可能性にワクワクしています。

サイさん写真

写真:一緒にSBSTTA 25に参加した朴さん(右1)、安家さん(右2)
撮影者:道家哲平(IUCN-J

↓インターンシップ中に執筆した記事が、下記IUCN-Jのウェブサイトから公開されていますのでご確認ください。

https://www.iucn.jp/report/cbd-sbstta25/2023/10/16/833/

https://www.iucn.jp/report/cbd-sbstta25/2023/10/17/859/

https://www.iucn.jp/report/cbd-sbstta25/2023/10/18/876/

https://www.iucn.jp/report/cbd-sbstta25/2023/10/19/902/

https://www.iucn.jp/report/2023/10/27/932/

 

「野生生物と社会」学会第28回大会公開シンポジウム

2023年11月6日 16時37分

以下の日程より公開シンポジウムを行います。

テーマは「ネイチャー・ポジティブを地域にどう落とし込むか?~生物多様性地域戦略と多様なパートナーの参加~」です。

ご興味のある方はぜひご参加ください。

日時:2023122日(土)

受付 1300

学生によるポスター発表 13301430

シンポジウム 14301700

場所:筑波大学中地区第二エリア2H101

*お申し込みは以下のリンクよりお願いいたします。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScVuDCEgfSE50Z6g9nnixvEsVEaq0p7-ZFcNOMS-tR76JggYQ/viewform

*詳しい内容・場所等は以下pdfデータにてご確認をお願いいたします。

PC等(高解像度) 自然保護寄附講座2023-A4チラシ_High.pdf

スマホ等(低解像度) 自然保護寄附講座2023-A4チラシV4_mail.pdf