HTML Map
 
 








 

NEWS&EVENT

NEWS&EVENT >> 記事詳細

2017/10/03

国際シンポジウム「地域に根差した自然保護」

| by admin

【本シンポジウムは終了しました。たくさんのご来場をありがとうございました。】

開催レポートはこちら 日本語 英語

講演要旨   S1 Dr Michael Lockwood University of Tsukuba Symposium Nov 23 2017 abstract.pdf
       S2 Dr. Shigemitsu Shibazaki University of Tsukuba Symposium Nov 23 2017 abstract.pdf
       S3 Dr. Gongbo Tashi University of Tsukuba Symposium Nov 23 2017 abstract.pdf
       S4 Dr. Nobuki Kawano University of Tsukuba Symposium Nov 23 2017 abstract.pdf
       S5 Dr. Ralf Buckley University of Tsukuba Symposium Nov 23 2017 abstract.pdf
       S6 Dr. Ayako Toko University of Tsukuba Symposium Nov 23 2017 abstract.pdf

講演スライド S1 Dr. Michael Lockwood 
                         Dr Michael Lockwood University of Tsukuba Symposium Nov 23 2017.pdf 
       S2 Dr. Shigemitsu Shibazaki (To be prepared)
       S3 Dr. Gongbo Tashi
                              Dr Gongbo Tashi University of Tsukuba Symposium Nov 23 2017.pdf
       S4 Dr. Nobuki Kawano
                              Dr Nobuki Kawano University of Tsukuba Symposium Nov 23 2017.pdf
       S5 Dr. Ralf Buckley
                              Dr Ralf Buckley University of Tsukuba Symposium Nov 23 2017.pdf
       S6 Dr. Ayako Toko
                              Dr Ayako Toko University of Tsukuba Symposium Nov 23 2017.pdf

ポスターセッション


世界には、自然を守るための区域、いわゆる自然保護地域が数多く分布します。
たとえば、世界自然遺産、国立公園、ジオパーク、ユネスコエコパーク、サンクチュアリなどは、すべて自然保護地域に含まれます。

このような自然保護地域の中や周辺には、そこを生活基盤とする人々が存在します。
したがって、自然保護地域で保全活動を行う際は、そこに暮らす人々や地域社会からの理解と協力が欠かせません。

本シンポジウムでは、国内外より6名の専門家をお呼びし、世界における自然保護活動と地域社会との関係について様々な事例を紹介していただきます。
専門家だけではなく、行政、学生、市民の方々など、地域に根差した自然保護活動に関心をもたれている多くの皆様のご参加をお待ちしております。

 

日時:20171123日(木・祝)10:00– 17:00

会場:筑波大学東京キャンパス134号室

112-0012 東京都文京区大塚3-29-1

主催:筑波大学大学院自然保護寄附講座

後援:日本自然保護協会、IUCN日本委員会、WWFジャパン、日本野鳥の会

参加費:無料
言語:英語/日本語(同時通訳あり)

日本語版ポスター(Japanese) Symposium Poster_J.pdf
英語版ポスター(English) Symposium Poster_E.pdf
講演者紹介(Speaker Profile, Japanese and English) Symposium Profile.pdf

10:22