HTML Map
 
 

講義一覧

自然保護セミナー

自然保護論

地球環境論

保護地域管理論

景観・緑地保全論

ジオパーク論

生物多様性論

Wildlife Management

モニタリング調査技術

自然保護行政論

自然保護法制度

環境影響評価

生態系の保全と復元

自然保護教育と環境教育

サイエンティフィック・ジャーナリズム

科学と社会のコミュニケーション

植生学

Vegetation Science

遺伝子多様性学特論

自然遺産論

UNESCO and the World Heritage Convention(ユネスコと世界遺産)

World Heritage and International Cooperation(世界遺産と国際協力)

World Heritage and Civil Participation(世界遺産と市民参加)

World Heritage and Sustainability(世界遺産と持続可能性) 

Role of International Organizations and NGOs(国際機関の役割)

International Conventions for Heritage Conservation(国際条約論)

インタープリテーション概論
 







 

講義

講義とプレゼン

日本語と英語による講義では、生物多様性の保全や自然保護に関する国際条約などに関する最新の情報に基づく講義を行います。履修者は積極的に講義に参加し、日本語または英語によるプレゼンテーションを通じて意見交換することが重要です。英語の講義では、海外より国際機関で活躍するゲストをお招きし、英語でディスカッションを行う講義も用意されています。
 
【修了要件】
 自然保護寄附講座の講義10単位、実習・インターンシップ5単位、
 合計15単位以上を取得すること。

〇博士前期課程・修士課程の学位プログラムに在籍している者
 上記に基づき15単位以上を修得しそれぞれの所属する研究群組織の修了要件を
 すべて満たすこと。
〇博士後期課程及び3年制博士課程の学位プログラムに在籍している者
 上記に基づき15単位以上を修得すること。
〇一貫制博士課程の学位プログラムに在籍している者
 上記表に基づき15単位以上を修得し、修士の学位を取得または中間評価に合格
 すること。

<その他>
 履修申請をするにあたっては、学修計画について事前にプログラムコーディネーター等の指導を受けること。


【修了証】

 必要な単位を取得した大学院生には、筑波大学より修了証(サーティフィケート)を授与する

 *新型コロナウィルス感染症の状況によっては、開講日等が変更となる可能性があります。
  最新情報はKdBを参照してください。

 *旧科目番号で過去に履修している場合、自然保護寄附講座の修了要件として認められます。
  所属学位プログラムの修了要件は各自確認してください。

 *集中講義およびモジュール等が未定の科目はKdBを参照してください。
  言語はKdBの表記と異なります。

【言語】

 E:英語で開講
 J:日本語で開講
 JE:日本語で開講(希望があれば英語でもサポート)

 

自然保護セミナー [JE]

 【担当教員】 佐伯いく代、武正憲、和田茂樹、庄子晶子、杉原薫、飯田義彦、外部講師
 【授業概要】 
 【科目番号】 0A0A001 (02JZ022)

 【開講学期】 春BC秋ABC
 【曜時限】 随時
 【単位数】 1.0
 

自然保護論 [JE]

 【担当教員】吉田正人
 【授業概要】自然保護の歴史と概念、生物種の保護、生態系の管理、
保護地域の設定
 【科目番号】0A0A002 (01AH409, 02JZ001) 

 【開講学期】春B
 【曜時限】木1,2
 【単位数】1.0
 

地球環境論 [JE]

 【担当教員】 角替敏昭、八木勇治、田中博、鎌田祥仁
 【授業概要】 地球の歴史と環境保全、生命維持の基礎となる地球環境の保全
 【科目番号】 0A0A003 (02JZ002)
 【開講学期】 秋A
 【曜時限】 金3,4
 【単位数】 1.0
 

保護地域管理論 [JE]

 【担当教員】 伊藤太一
 【授業概要】
 保護地域の歴史と概念、学術的保護地域、国立公園、
 世界保護地域データベース(WDPA)、Protected Planet
 【科目番号】 0A0A004 (02JZ003)
 【開講学期】 秋AB
 【曜時限】 火3
 【単位数】 1.0
 

景観・緑地保全論 [JE]

 【担当教員】 伊藤弘、黒田乃生
 【授業概要】
 景観保護地域(ガテゴリーV)、自然景観、文化的景観、
 農業景観、都市緑地保全、Satoyamaイニシアティブ
 【科目番号】
 0A0A005 (02JZ004)
 【開講学期】 秋ABC
 【曜時限】 随時
 【単位数】 1.0
 

ジオパーク論 [J]

 【担当教員】 杉原薫、外部講師
 【授業概要】 ジオパークの理念と仕組み、地質遺産の保全、筑波山地域ジオパーク、市民との協働
 【科目番号】 0A0A006 (02JZ024)
 【開講学期】 秋B(12月19-20日)
 【曜時限】 集中
 【単位数】 1.0
 

生物多様性論 [JE]

 【担当教員】 佐伯いく代
 【授業概要】 生物種・生態系・遺伝子レベルの自然保護、生態系サービスの維持
 【科目番号 0A0A007 (02JZ006)
 【開講学期】 秋AB
 【曜時限】 随時
 【単位数】 1.0
 

Wildlife Management [E]

 【担当教員】 庄子晶子
 【授業概要】 希少野生生物種の保護、野生鳥獣の保護管理、
 外来生物のコントロール
 【科目番号 0A0A008 (02JZ007)
 【開講学期】 秋AB
 【曜時限】 火4
 【単位数】 1.0
 

モニタリング調査技術 [JE]

 【担当教員】 角谷拓
 【授業概要】 リモートセンシング、GISマッピング、社会調査法、SPSS、
 データの統計的処理
 【科目番号 0A0A009 (02JZ008)
 【開講学期】 秋C
 【曜時限】 集中
 【単位数】 1.0
 

自然保護行政論 [J]

 【担当教員】 吉田正人、杉原薫、非常勤講師(渡邉綱男)
 【授業概要】
 自然保護行政に係る環境省自然保護局等の関係者による講義 
 【科目番号 0A0A010 (01AH411, 02JZ017)
 【開講学期】 秋C
 【曜時限】 集中
 【単位数】 1.0
 

自然保護法制度 [J]

 【担当教員】 吉田正人、杉原薫、外部講師
 【授業概要】
 環境基本法、生物多様性基本法、自然環境保全法、自然公園法、
 文化財保護法、種の保存法等の理解
 【科目番号 0A0A011 (02JZ018)
 【開講学期】 秋ABC
 【曜時限】 集中
 【単位数】 1.0
 

環境影響評価 [J]

 【担当教員】 吉田正人、杉原薫、外部講師
 【授業概要】
 環境影響評価制度実務者による講義、環境影響評価、
 戦略的環境影響評価(SEA)、生物多様性オフセット
 【科目番号 0A0A012 (02JZ019)
 【開講学期】 秋ABC
 【曜時限】 集中
 【単位数】 1.0
 

生態系の保全と復元 [J]

 【担当教員】 佐伯いく代、外部講師(加藤英寿:首都大学東京、小池文人:横浜国立大学)
 【授業概要】
 生態系の構造と機能、物質循環とエネルギー流、
 生態系の復元と回復、自然災害と自然再生
 【科目番号 0A0A013 (02JZ020)
 【開講学期】 秋A(10月17-18日)
 【曜時限】 集中
 【単位数】 1.0
 

自然保護教育と環境教育 [J]

 【担当教員】 庄子晶子、外部講師(鳥山由子:日本自然保護協会、二ノ宮リムさち:東海大学、植田睦之:バードリサーチ)
 【授業概要】 自然保護教育、環境教育、インタープリテーション
 【科目番号 0A0A014 (02JZ021)
 【開講学期】 秋B(12月5日、12日)
 【曜時限】 集中
 【単位数】 1.0
 

サイエンティフィック・ジャーナリズム [J]

 【担当教員】 和田洋、外部講師
 【授業概要】
 【科目番号】 0A0A014 (02JZ025)
 【開講学期】 春C, 秋AB
 【曜時限】 随時
 【単位数】 1.0
 

科学と社会のコミュニケーション [J]

 【担当教員】 武正憲、伊藤太一、非常勤講師(早岡英介:北海道大学)
 【授業概要】
 【科目番号】 0A0A016 (02JZ026)
 【開講学期】 夏季休業中
 【曜時限】 集中
 【単位数】 1.0
 

植生学 [J]

 【担当教員】 上條隆志、川田清和、清野達之
 【授業概要】 陸域を覆っている植生の種類、成立要因、
 分布.西アジアや内蒙古の植生の現状.実際に植生調査を体験
 (「植生学」は日本語、”Vegetation Science”は同様の内容を
 英語で講義するのでいずれかを選択)
 【科目番号】 0ANE322 (02JZ009, 01AD432, 01AH203)
 【開講学期】 秋B 
 【曜時限】 火1,2
 【単位数】 1.0
 

Vegetation Science [E]

 【担当教員】上條隆志、川田清和、清野達之
 【授業概要】陸域を覆っている植生の種類、成立要因、
分布.西アジアや内蒙古の植生の現状.実際に植生調査を体験
(「植生学」は日本語、”Vegetation  Science”は同様の内容を
英語で授業するのでいずれかを選択)
 【科目番号】0ANE323 (02JZ010, 01AD318、01AH204)
 【開講学期】秋A
 【曜時限】火1,2
 【単位数】1.0
 

遺伝子多様性学特論 [E]

 【担当教員】 渡邉和男、小口太一

 【授業概要】

 遺伝子レベルの生物多様性保全、遺伝資源へのアクセスと利益配分(「遺伝子多様性学」とコードシェア)
 【科目番号】 0ANB712 (02JZ011, 01AB827)
 【開講学期】 秋AB
 【曜時限】 金1,2
 【単位数】 2.0
 

自然遺産論 [JE]

 【担当教員】 吉田正人
 【授業概要】
 世界遺産の歴史と概念、自然遺産のクライテリア、
 世界遺産リストとギャップ分析、危機遺産リスト等
 【科目番号】 0ATV103 (01AH410, 02JZ005, 01EC565)
 【開講学期】 春A
 【曜時限】 木1,2
 【単位数】 1.0
 

UNESCO and the World Heritage Convention [E]

 【担当教員】 吉田正人、非常勤講師(稲葉信子)
 【授業概要】
 【科目番号】 0ATV202 (01EC546)
 【開講学期】 春B
 【曜時限】 集中
 【単位数】 1.0
 

World Heritage and International Cooperation [E]

 【担当教員】 吉田正人、飯田義彦、池田真利子
 外部講師(鈴木和信:JICA)
 【授業概要】 世界遺産と国際協力
 【科目番号 0ATV203 (02JZ014, 01EC549)
 【開講学期】 春C
 【曜時限】 集中
 【単位数】 1.0
 

World Heritage and Civil Participation [E]

 【担当教員】 池田真利子
 【授業概要】 世界遺産と市民参加
 【科目番号 0ATV204 (02JZ015, 01EC550)
 【開講学期】 秋AB
 【曜時限】 火5
 【単位数】 1.0
 

World Heritage and Sustainability [E]

 【担当教員】 飯田義彦
 【授業概要】 世界遺産と持続可能性
 【科目番号 0ATV205 (02JZ016, 01EC551)
 【開講学期】 未定
 【曜時限】 (集中)
 【単位数】 1.0
 

Role of International Organizations and NGOs [E]

 【担当教員】 池田真利子、吉田正人、飯田義彦
 【授業概要】 国際機関におけるNGOの役割
 【科目番号 0ATV206 (02JZ013, 01EC548)
 【開講学期】 (秋ABC)
 【曜時限】 集中
 【単位数】 1.0
 

International Conventions for Heritage Conse [E]

 【担当教員】   吉田正人、飯田義彦、池田真利子
 外部講師(香坂玲:
名古屋大学、堀江正彦:外務省)
 【授業概要】 世界遺産条約、生物多様性条約、
 気候変動枠組み条約等の国際条約の課題
 【科目番号  0ATV207 (02JZ012, 01201EC552, 01AH412)
 【開講学期】 春BC
 【曜時限】 集中
 【単位数】 1.0
 

インタープリテーション概論 [J]

 【担当教員】 武正憲
 【授業概要】 インタープリターの役割、遺産の価値を伝える技術、エコツーリズム
 【科目番号】 0ATV406 (02JZ023, 01EC559)
 【開講学期】 秋A(10月7日、9-10日)
 【曜時限】 集中
 【単位数】 1.0